女医

歯医者に通って口の健康を守ろう|歯を綺麗にして自信をつける

治療に連れて行くコツ

レントゲンを持つ医師

子供は、毎日のご飯の他におやつなどのお菓子をよく食べます。多くの家庭ではその度に歯磨きをさせて虫歯にならないように工夫しているはずです。しかし、子供はあまり真剣に歯磨きをしないものです。途中で親がやっても、隅々まで磨くことは難しいので、徐々に虫歯が進行している場合があります。東京では子供が虫歯になると必ず歯医者に連れて行きますが、東京の歯医者は独特の雰囲気や匂いがあるので、ほとんどの子供は恐怖心を抱いてしまうのです。歯医者に対して恐怖心を感じてしまうと、治療のために通院させることが難しくなります。子供を東京の歯医者に連れて行く時、いくつかの点に気をつければ、泣かせること無く治療を受けさせることができます。
まず、歯医者に連れて行く際、子供に嘘をつかないようにしましょう。痛くないから、見るだけだからなど、安心させるための嘘を言ってしまうと子供は騙されたと感じ、歯医者に行きたくないと抵抗してしまうのです。また、歯医者を怖い場所だと植え付けないように注意しましょう。子供の躾のために歯医者を怖いものだと言ってしまうと、歯医者に対して誤った認識を抱くことになるのです。そして、東京の歯医者に行くとき、一番意識することは、保護者がリラックスするということです。最近の歯の治療は子供が怖がらないような工夫をしているので、親がそのことをしっかり伝えておくと良いはずです。子供のうちに定期的に歯医者に通わせることはとても大切です。そのため、家庭で恐怖心を抱かせない工夫をして、歯の治療に対してポジティブな印象を与えるようにしましょう。